プルームテックカートリッジを再生(復活)させて再利用する方法

プルームテックカートリッジ復活

プルームテックのカートリッジを再生(復活)させて再利用する方法

タバコカプセルがんがん交換して、カートリッジ足りなくなってませんか?(笑)
カートリッジの残骸が溢れ返ってモッタイナイナ~って思ってませんか?(笑)

実はPloom TECHのカートリッジはカンタンに復活させて再生再利用することが出来ます♪

復活したプルームテックカートリッジ

 

■カートリッジ再生に必要なもの(必ず揃えておきたいモノ)

①:編み物用5号サイズのかぎ針(100円)※ダイソーとか100均で売ってる
②:電子タバコのリキッド(約1000円)※味はお好みでOK!プルームテックぽくしたいならソフト系のメンソール味

 

■あれば便利なモノ1(無くても再生できるが、これはあると便利)

③:ニードルボトル(約50~100円)※リアルのお店ではなかなか見かけない。ネット通販で取り寄せるのが早い

 

■あれば便利なモノ2(ぶっちゃけ慣れると使わなくなるので買わなくてOK)

④:インジェクター(100円)※ダイソーとか100均で売ってる注射器みたいなやつ。名称はインジェクター、シリンジ、ニードルとか言えば分かる

 

慣れると超カンタンです。1本再生するのに30秒とか1分とか、そのぐらいでパパッと出来ちゃいます。

費用も最低1,100円、かかっても1,400円ぐらい。メリットたくさん(デメリットは後述)それでは画像付きで詳しく解説^^

 

スポンサーリンク

Ploom TECHのカートリッジを再生(復活)させる方法を画像付きで詳しく解説

かぎ針1
それでは早速、カートリッジの再生方法を解説していきます。

まずはカートリッジを復活させるために必要なモノ①の編み物用5号サイズのかぎ針の選び方から(←for編み物をしないおっさん達のために^^)

 

 

かぎ針2

アマゾンでプルームテックで検索すると、関連商品でかぎ針が出てきて、700円ぐらいで売ってますけど、高いの買う必要ありません^^;

 

 

かぎ針3
画像引用 http://megupon.net/2016/10/04/post-1189/

ダイソーとかSeria(セリア)とか100均で100円で売ってますから^^ ただ、かぎ針って買いに行くといろいろ種類があって迷います。。99%の男性は(笑)

選ぶのは【5号】です。片側タイプでも両側タイプでもどちらでもOKです。

その他必要なモノ②と、必要だと思う方は③~④も購入して準備して下さい。

 

プルームテックのカートリッジ1
カートリッジ再生に必要なモノがそろったら、早速復活させていきます。イガって(苦くなって)使えなくなったカートリッジを準備して下さい。

プルームテックのカートリッジを上からよ~く覗き込むと分かりますが、中に半透明なプラスチック製のキャップが詰め込まれています。

で、プラスチック製のキャップの真ん中に直径2.5mmぐらいの小さな穴が開いてるのが分かると思います。

 

プルームテックのカートリッジにかぎ針1
プラスチック製のキャップの真ん中の小さな穴に、かぎ針(5号サイズ)を差し込んで、引っ掛けて、引っこ抜きます。

 

 

プルームテックのカートリッジにかぎ針2
見えづらいですけど、真ん中の穴の中にかぎ針の先端が入ってるのが分かると思います。プラスチックキャップは結構しっかり押し込まれてます。

なのでクリップを伸ばしてかぎ針みたいにしたり、針金を加工してかぎ針風に作ってみても、たぶん引っこ抜けません^^;

いさぎよく諦めて100均で5号のかぎ針買って下さい(笑)

 

 

プルームテックカートリッジの中のプラスチックキャップ1
最初は結構力を入れて引っ張る感じで引っこ抜いてみて下さい。こんな感じで「すぽっ!」っとキャップが取れます。

このキャップの役割は、内部リキッドの逆流の防止などが主な役割だと推測してますが、

ぶっちゃけ、このキャップが有るか無いかで、機能的な差はほぼありません。むしろ最初から無かったほうが個人的には良かったと思ってます。

そしたらかぎ針買わなくて(持ち運ばなくて)良かったのに・・(笑)

 

 

プルームテックカートリッジの中のプラスチックキャップ2
キャップを抜いた後にカートリッジの中を覗くと、中央に小さな穴とその周りにコットンが見えます。

このコットンに電子タバコ用のリキッドを注入することでカートリッジを再生させることが出来るというわけです。

そもそもプルームテックもこのコットン部分にPloom TECH専用のリキッドが注入されて販売されてるわけですが、このリキッドの成分は

※本製品には、Ploom TECH専用のたばこカプセルとカートリッジが同梱されています。なお、カートリッジ内のリキッドは、グリセリン、プロピレングリコール、トリアセチン、水で構成されています。
引用 JT公式サイト

このリキッドは非売品ですが、Vape[電子タバコ]リキッドとほぼ同じ成分(Vapeは植物性グリセリン[VG]とプロピレングリコール[PG]と香料で構成)なので、

つまりは、電子タバコのリキッドを注入すれば、イガりが解消され、またミスト(水蒸気)が出るカートリッジを再生させることが出来る!ってわけです^^

 

KAMIKAZE零式
次にカートリッジ再生に必要なもの②の電子タバコリキッドを用意して下さい。リキッドのフレーバー(味)はお好みで何でもOKですが、

プルームテックぽい味を希望されるなら、メンソール系(ソフト、ハード)のリキッドをチョイスすると良いです。

プルテクは自作したPloom TECHドンピシャのリキッドを使ってますが、自作はメンドウな方や敷居が高い方は、

こちらなんかのサイトを参考にしてテイスティングが出来るVapeショップを探して好みのリキッドを見つけるか、ネット通販でメンソール系のリキッドを入手してみて下さい。

 

 

Ploom TECHのカートリッジに電子タバコのリキッドを注入1
なので、この写真のようにカートリッジを傾けて、リキッドの先端をカートリッジの淵に付けて沿わせて流し込む要領で、1滴ずつリキッドを注入するのがGood。

※リキッドは20滴ぐらい垂らすとOK。1滴がだいたい0.05mlぐらいなので、20滴だと1mlぐらいになる計算。(←何百回と試してみて出た答えがだいたい20滴ぐらい)

※カートリッジの外側部分のコットンにリキッドを染み込ますことが目的

※コットンはさほど固くない。構造は基本Vapeと同じで、コットンの中に極小のコイルが格納されている

 

Ploom TECHのカートリッジの再生で液漏れ
ちなみに、欲張って25滴以上注入すると、こんな感じでカートリッジの底部(バッテリーとの接続口)から液漏れします(苦笑)

■液漏れ時の注意点

※カートリッジ再生時はバッテリーを外してから行いましょう。バッテリーを外していればリキッド入れすぎて液漏れしても、ティッシュで拭けばカートリッジは問題なく利用可能

※液漏れしたカートリッジは、リキッドが漏れなくなるまで写真のように立てて、入れすぎたリキッドを出し切る(5~10分ぐらいカートリッジを立たせておけばだいたいOK)

※液漏れを出し切ったら漏れたリキッドをティッシュでしっかり拭き取ってからバッテリーと接続しないとバッテリーの故障につながる可能性あり

 

 

シリンジで電子タバコリキッドを注入
よく、③のインジェクターを使って、コットンに差し込んでリキッドを注入する。みたいな情報がありますが・・・

 

 

KAMIKAZE零式2
一般的な電子タバコ用リキッドボトルはこの写真のように先端細めの形状なので・・・

 

 

KAMIKAZE零式とインジェクター
そもそもインジェクター使えません^^;

リキッドの先端部分の乳白色のキャップを外せば、インジェクター使えるけど、わりと固いので取り外しは難しいし、毎回これやるのは正直メンドウ。

 

なので、この手のボトルのリキッドを買われた方は、5枚ぐらい上の写真のようにインジェクター使わないで直接淵を沿わせて注入すればOK。

この方法でカートリッジがダメになったり、バッテリーが壊れたことはありません(←プルテク個人談なので100%ではないし、保障もしないけど^^;)

 

 

電子タバコリキッドhalo
こんな感じの”瓶”タイプのボトルなら、

 

 

電子タバコリキッドhalo2
インジェクター突っ込んで、リキッド吸い上げて、カートリッジのコットンに差し込んで注入することは出来るけど、

瓶タイプのボトルでもスポイトは付いてるので、ゆっくり慎重にカートリッジの淵に垂らせば問題は無いです。

そもそも慣れてくると、インジェクターを使って注入するのがメンドウになるし、外出先で注入する時なんか、インジェクター持ち運びたくないんで、

プルテク的には正直インジェクターは使わないでいいと思ってます^^

 

 

ニードルボトルでカートリッジにリキッド注入
インジェクターよりも、正直すごく便利なのは、③のニードルボトル。

リアル店舗でなかなか売ってないので、アマゾンとかのネット通販で探して買わないといけないのでメンドウだけど、

プラスチックのリキッドボトルの先端よりも、長く細いので、カートリッジに注入しやすいし、

リキッドを入れる幅が少ないEMIRIとか他の電子タバコのリキッド注入にも使いやすいので、これはあるとすごく便利!(もちろん買わなくても大丈夫だけど^^)

 

で、リキッドの注入が終わったら、カートリッジは復活してるので、あとはバッテリーに接続して吸えばOK! なんだけど・・・

 

 

カートリッジにキャップ挿入
こんな感じで、最初にかぎ針で取り外したキャップをまたカートリッジに戻すパターンもあるみたいだけど・・・

 

 

カートリッジにキャップ挿入2
こうやって、かぎ針の反対側の7号部分で押し込んだりして、元の位置に戻すってことなんだけど・・・

 

 

カートリッジにキャップ挿入3
このキャップを外したり戻したりするのメッチャメッチャ面倒です^^;(←マジで)

リキッドで手もベタベタ汚れるし、かぎ針を持ち歩かないといけなくなるのもイヤだし、このキャップはプルテク流カートリッジ再生法では、元に戻しません。

取り外したらすぐ捨てちゃいます(笑)これまでカートリッジがだめになったり、バッテリーが壊れたためしは1度もありません。(←今のところかもだけど)

もちろん気になる方は面倒でも毎回戻して、また取り外せばOKだけど^^;

 

 

プルームテックの再生カートリッジ
あとは、カートリッジにバッテリーを接続して、タバコカプセルをはめ直したら・・・

 

 

プルームテックの再生カートリッジ2
カートリッジ復活!

 

 

プルームテックの再生カートリッジ3
リキッドのフレーバーを変えて電子タバコ(vape)風に楽しんだり、プルームテック風な味付けで弱メンソールとタバコカプセルで楽しんだり、カートリッジ再利用をLet’s ENJOY^^

 

※1本のカートリッジでリキッドの味を複数かえると味が混ざっておいしくなかったりするので、フレーバー(味)ごとのカートリッジを用意するのがベター

プルームテックカートリッジ再利用のまとめ

プルームテックのカートリッジの墓場

■カートリッジ再利用のメリット

・使えなくなったカートリッジが再利用できる
(衛生面やコイルやコットンの焦げ付きから考えると1本のカートリッジの再生回数は1週間から10日程度がベター

いろんなフレーバー(味)をプルームテックで試せる

お金を節約できる

 

 

■カートリッジ再利用のデメリット

・1回で使い捨てる時よりも衛生面が低

・カートリッジの再生に30秒~1分程度の手間がかかる

・再生させるためにかぎ針とリキッドの購入が必要(最低限1,100円ぐらい)

・JTの保障外の使い方のため思わぬけがや故障につながる可能性

 

 

プルームテックカートリッジ再生させてるところ

■カートリッジを再生(復活)させて再利用のまとめ

まず前提としてカートリッジの再生は、プルームテックの正規の使い方ではありません!いろんな味を楽しめたり、コストを減らせたりとユーザーからすると大きなメリットがありますが、再生カートリッジは恐らく改造扱い?でJT(日本たばこ)からすれば、再生カートリッジを使ったPloom TECHの保障はほぼゼロでしょう。

これまで何百本と試してきたプルテク的には、これまで再生カートリッジでバッテリーを故障させたことはありませんが、プルームテックの故障や思わぬけがの可能性はゼロではないので、不安のある方はカートリッジは復活させない、そもそも使わないようにしましょう。

このようにプルームテックのカートリッジの再生のメリット、デメリットをきちんと理解して個人個人で自己責任でご判断下さい。もちろんプルテクは自己責任で判断して利用しています^^

 

 

ブログ村の電子たばこランキングに参加中♪
参考になった人は、応援クリックよろしくです^^
↓   ↓   ↓
電子たばこ人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. トラ より:

    親切で丁寧な情報。
    サイコーです。

    • プルテク より:

      トラさん

      返信遅くなってすみません< (_ _)> 本業のほうが忙しく最近なかなか更新できてません。。
      今、互換バッテリーが一目で分かる比較表とかしこしこ作ってますのでまた出来たらのぞいてやって下さい。

      コメントありがとうございました^^

  2. ケンケン より:

    詳しい解説ありがとうございます。

    Ploom TECHドンピシャのリキッドとありましたが、配合の比率はどうされてますか?
    色々ためしていますが、しっくりきません。

    • プルテク より:

      コメント確認遅くなってすみません< (_ _)>

      管理人はPG少し多めの配合(VG40:PG60)ぐらいで、後はお好みでメンソールを数滴(1~4滴)でやってます。

      ベースのリキッドは50:50とかでも大丈夫だと思います。
      (VGの比率が多くなると甘みが徐々に強くなるので50:50ぐらいまでに抑えてます)

      あと思うのは、時々味覚が変わるというか、その時々で微調整できるようにしておくのがいいんじゃないかと思います。

      昨日までは2滴がドンピシャだったのに、今日は急にきつく感じたりすることがあるので
      メンソール数滴(1~4滴)で微調整してる感じです。

      使ってるリキッドにもよると思いますがご参考まで^^

  3. 匿名 より:

    透明キャップは、たばこカプセルを入れるときに一緒に押し込めば簡単につくけど
    次回また外すのは面倒ですよね(笑)

    カートリッジは10日くらいで交換してるとありますけど、大体1日1箱計算ですか?
    良ければ教えてください。変え時が微妙にわかりませんよね(´・ω・`)

    • プルテク より:

      コメント確認遅くなってすみません< (_ _)>

      > 透明キャップは、たばこカプセルを入れるときに一緒に押し込めば
      > 簡単につくけど次回また外すのは面倒ですよね(笑)

      ホントそうですよね。カートリッジをリサイクルする人にとっては邪魔でしょうがなかったり(笑)

      > カートリッジは10日くらいで交換してるとありますけど、大体1日1箱計算ですか?
      > 良ければ教えてください。変え時が微妙にわかりませんよね(´・ω・`)

      確かに・・。複数本とかになってくるとどっちが何日目とか分からなくなってくるので
      最終的にはざっくりアバウトに交換してると思います(爆)

      いちおう片方に少し傷入れたりして目印つけたりしたりもしましたけど
      だんだん面倒になってくると思います^^;

      あと、もう一段慣れてくると、Vapeと同じなんですが、
      コットンの苦味を感じるようになってくると思います。

      「なんとなく、まずい(苦い)気がする・・」(←こんなイメージ)

      そう感じたら変え時が来たって事で、交換するようにしたりもしてます。

      ご参考になれば幸いです~^^

  4. サンダー より:

    詳しい説明で参考になりました。
    記事の中で「Ploom TECHドンピシャのリキッド」とありましたが、その配合はどのくらいですか?
    いろいろ試しているのですが、思った感じになりません。

    • プルテク より:

      コメント確認遅くなってすみません

      ケンケンさんへのコメントと同じカテゴリだと思いますんで、そのまま転載しますね。


      管理人はPG少し多めの配合(VG40:PG60)ぐらいで、後はお好みでメンソールを数滴(1~4滴)でやってます。

      ベースのリキッドは50:50とかでも大丈夫だと思います。
      (VGの比率が多くなると甘みが徐々に強くなるので50:50ぐらいまでに抑えてます)

      あと思うのは、時々味覚が変わるというか、その時々で微調整できるようにしておくのがいいんじゃないかと思います。

      昨日までは2滴がドンピシャだったのに、今日は急にきつく感じたりすることがあるので
      メンソール数滴(1~4滴)で微調整してる感じです。

      使ってるリキッドにもよると思いますがご参考まで^^

      何かうまくいく方法とか見つけたら、教えて下さい!