【プルームテック互換バッテリー】 DANACT(2017.1月New)レビュー&口コミ

danactnewバージョン

プルームテック互換バッテリーの詳細レビュー、第9回目は「DANACT」の新バージョン(2017年1月)

Ploom TECH純正のバッテリー容量210mAhと比べ、220mAhとほぼ同じ。(実際は270~280mAhだが、バッテリー劣化や個体差を考慮し220mAhと表記してるby公式)

吸引回数は純正と同じ約250回

バッテリー部分の長さはプルームテックより約2mm弱短い純正ケースに入るショートタイプのプルームテック互換バッテリー

スポンサーリンク

プルームテック互換バッテリー「DANACT新バージョン2017年1月」の詳細レビュー

new-danact
Danactの2017年1月デビューのNewバージョン。以前のバージョンと仕様の変更はないが、外観が、プルームテックの純正カラーに近づけている模様。期待できそうな雰囲気!ちなみに以前のバージョンレビューはこちら

 

 

NEW DANACT パッケージ
Danactの新バージョンはこんな感じ

 

 

NEW DANACTのマニュアル
簡易的ですが取扱説明書が付属します。表面はこんな感じ。

 

 

NEW DANACTのマニュアル裏
取説の裏面はこんな感じ。使用上の注意とか載ってます。

 

 

NEW DANACTバッテリー本体
Danactの新バージョンのカラーはこんな感じ。Ploom TECHに近いカラーでいい感じ。

 

 

Danactの新旧バージョン比較
Danactの新旧バージョン比較画像。新バージョンはPloom TECH純正カラーとほぼ同じカラーと質感に仕上がってます。

 

 

Danactの新旧バージョン比較2
Danactの新旧バージョン比較画像をアップ。個人的にはツートンにならなければ旧バージョンの黒マットも嫌いではない^^;

 

 

Danactの新旧バージョンとプルームテックの比較1
Danactの新旧バージョンとプルームテックの比較画像。Danactの新バージョンとプルームテックはほぼ同じ感じ

 

 

Danactの新旧バージョンとプルームテックの比較2
Danactの新旧バージョンとプルームテックの比較画像をアップ。いい仕上がりなんじゃないの~^^

 

 

DanactのLEDライト1
NewDanactの先端LEDはダイヤモンドカット形状。淵のリングはシルバー

 

 

DanactのLEDライト2
吸引時はブルーに光ります!

 

 

NewDanactバッテリーの全長
新Danactのバッテリー部分の長さは67.4mm(6.74cm)。Ploom TECHは6.92cmなので新DANACTのほうが約2mm(1.8mm)短い

 

 

NewDanactバッテリーとカートリッジの全長
新DANACTバッテリーにカートリッジを装着したときの長さは128.7mm(12.87cm)。プルームテック純正より少し短いので純正ケースに問題なく入ります。

 

 

新DANACTバッテリーの重さ
新DANACTバッテリーの重さは11.0g。ちなみにPloom TECHのバッテリー部分の重さは10.9gなのでDANACTのほうが0.1g重いがほぼ同じ重さ

 

 

新旧DANACTとPloom TECHと紙巻タバコの比較
新旧DANACTとPloom TECHと紙巻タバコの長さの比較。紙巻タバコ以外はほぼ同じ長さ

 

 

DANACT充電時LEDライト1
新DANACTの充電時のLEDライトはブルー点灯。USB充電器は赤点灯

 

 

DANACT充電時LEDライト2
充電が完了すると、USB充電器が緑(黄)点灯に切り替わります。

 

 

NEW DANACT 吸引時LEDライト
新DANACTの吸引時のLEDライト。ブルーに点灯します。

 

 

新DANACTの煙量
新DANACTの煙(水蒸気)量。プルームテックと変わらない十分なミスト量が出ます

DANACT新バージョン2017年1月発売分の口コミ・感想

new-danact
プルームテック互換バッテリー「新DANACT」のまとめ

 

■商品名「新DANACT」プルームテック互換バッテリー

■内容
・バッテリー:1個(グレーマット色)Ploom TECH純正とほぼ同色
・USB充電器:1個(黒色)
・取扱説明書:あり

■仕様
・バッテリーカラー:(グレーマット色)Ploom TECH純正とほぼ同色
・カートリッジ装着時のカラー:ワントーン(Ploom TECH純正とほぼ同色でマッチしている)
・オリジナルロゴマーク:あり
・バッテリー容量:220mAh(実測は270mAh?)
・吸引可能回数:約250回(250パフ)(実測は350回前後?)
・バッテリー充電時間:2~2.5時間
・バッテリーの持ち:吸い方によるが約1日
・バッテリー重量:11.0g
・バッテリー全長:6.74cm
・カートリッジ装着時全長:12.87cm
・Ploom TECH純正ケース:入る
・ドロー(吸った感じ):ちょうど良い
・吸気穴:(正面:小1個、ネジ部側面:小2個)
・吸引時の先端カラー:青
・カプセル交換目安LED点滅:なし
・価格(購入時): 2,980円

 

書いてる人の感想と口コミ

■新DANACTの・・・なところ
・バッテリーがなくなったことを示すLEDライト点滅が、吸引時のブルーライトと同じ光なので若干分かりづらい(吸引時と異なり点灯ではなく点滅なので分かりはするが)

 

■新DANACTの良いところ

・スペックは旧バージョンとほぼ同じだが、バッテリーのカラーがプルームテックとほぼ同じグレーマット色になったことで、ツートンの違和感が無くなりとても良くなった。

・価格(2,980円)もOK!
プルームテックの定価が4000円でそれより1000円以上安ければ文句言ってはいけません(笑)

 

■新DANACT総括

初代の旧DANACTは、比較的早くプルームテック互換バッテリーとして2016年から販売されてきた実績ある互換バッテリーで、バッテリー容量やドローの感じも含め比較的いい評価を得てきた機種であったが、唯一の泣き所がブラックマットカラーによるツートンカラーの違和感でした。

しかし今回バージョンアップした新DANACTは、バッテリーのカラーがプルームテックとほぼ同色のグレーマットに仕上げられ、純正カートリッジを装着してもツートンにならなくなり、また先端のLEDライトも旧バージョンの赤点灯ではなく、青点灯となり、非常にいい仕上がりになりました。

プルームテックとパッと見の違いは、先端LEDの部分がプルームテック独特のLEDとは異なり、万華鏡のようなダイヤモンドカット形状である点。しかし好みによってはダイヤモンドカット形状のほうが好みの方もいて、あえて新DANACTを選ぶという方もいるんじゃないかと個人的には思います。

プルームテックの50パフお知らせ機能(50回吸引すると先端LEDが点滅しお知らせしてくれる機能)も、実際にはあまり役に立たないため(吸い方によっては50パフはあまり正確でなくあくまで目安にしか過ぎないため)自分の感覚で味が薄くなったと感じた時に交換するほうが間違いないため、個人的には普段使いなら新DANACTのほうが使い勝手が良く感じました。

現時点でおすすめのプルームテック互換バッテリーです。(※2017年2月時点)

 

 

 

 

ブログ村の電子たばこランキングに参加中♪
参考になった人は、応援クリックよろしくです^^
↓   ↓   ↓
電子たばこ人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする